お葬式の基本マナー|焼香・献花

お焼香について


お焼香は3回繰り返します。会葬者が多いときは1回だけでもかまいません。故人さまの冥福を祈る気持ちが大切なので、回数の決まりはありません。また、通夜に弔問するときは、線香をあげます。線香は1本手にとり、ろうそくの火を線香に移したら、片手であおいで火を消して立てます。線香を2本たくときは、香炉に1本ずつ離して立てますが、宗旨によっては、線香を寝かせる場合もあります。
天台宗
回数については特に定めがない。
真言宗
通常3回。仏・法・僧に供養すること、身・口・意の三蜜修行に精進すること、戒香・定香・解脱香といって、自らが戒律を保ち、心の静寂をもとめることができる功徳があると説明されている。
浄土宗
特に定めがない。「真心をこめて一心に」で1回、「身を沈めて1回、心を清めるのに1回」で2回、「仏・法・僧への帰依」「過去・現在・未来の衆生に回向」で3回。
臨済宗
回数にこだわらない。
曹洞宗
回数にこだわらない。
日蓮宗
通常3回。仏・法・僧の三宝供養とも、「空・仮・中の三諦」にならうともいわれる。※以上の宗派の場合には、香を額に戴いて焼香します。
浄土真宗
あくまで自分の心身を清めるためとも説明され、香を戴くことはしない。 本願寺派(西)では1回、大谷派(東)では2回とされている。線香を用いる場合には本数を気にせず、立てないで横にする

回し焼香について


式場や時間の関係で、回し焼香が行われる場合があります。自分の前に香炉が回ってきたら、香炉を盆ごと両手で受け取り、膝の前に置いて焼香をします。もし、膝の前が狭い場合は、膝にのせて焼香をします。次の人に回す時は、「お先に」と小さな声で挨拶したほうがいいでしょう。

キリスト教の場合


日本ではキリスト教の葬儀は献花が多くなっています。一般的に、スタッフや信者から花を渡されたら茎を故人さま側に向けるように置きます。無宗教で献花によるお別れが行われた場合も同様に置きます。

葬式プラン

一番シンプルなプラン


安心直葬


plan_box_cyokusou01
plan_box_cyokusou02

plankobetu_chokusou_nedan_sp
plan_syousai

シンプルに火葬のみ


安心火葬式


plan_box_kasou01
plan_box_kasou02

plankobetu_kasou_nedan_sp
plan_syousai

告別式のみ行う


安心一日葬


plan_box_itinitisou01
plan_box_itinitisou02

plankobetu_itinitisou_nedan_sp
plan_syousai

お通夜、告別式を行う


安心家族葬


plan_box_kazokusou01
plan_box_kazokusou02

plankobetu_kazokusou_nedan_sp
plan_syousai

故人らしさのお葬式


安心こだわり葬


plan_box_kodawarisou01
plan_box_kodawarisou02

plankobetu_kodawarisou_nedan_sp
plan_syousai

たくさんの方が参列


安心一般葬


plan_box_ippansou01
plan_box_ippansou02

plankobetu_ippansou_nedan_sp
plan_syousai

ご危篤・ご逝去で葬儀をお急ぎの方
24時間365日・年中無休0120419450

お電話頂いてから、1時間程でどこでもお迎えにあがります

匿名でご相談頂けます

24時間緊急無料相談は0120419450